読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9秒で納得?ゃはうたうが激安です

電車好きな2歳の長男に読んであげました。読み方もだんだん慣れてきますよ。私も楽しいので買ってよかったです。

こちらになります!

2017年03月03日 ランキング上位商品↑

ゃはうたうでんしゃはうたう [ 三宮麻由子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

。図書館で借りたこの本!1歳の子がハマリました。読んでいて読めていない自分に笑えます。運転席から見える風景と、電車の音が書いてあるものです。また近くの駅や踏切へ、よく電車を見に行きます。ですので!電車になったつもりで読まないと訳がわからなくなると思います(笑)リズミカルにノリノリで読むと!子供もご機嫌です。そのせいかどうか、踏切の警報音をドップラー現象を再現して読むと、非常にウケます。踏切や鉄橋などの、風景がとてもリアルに描かれています。電車好きな男の子に是非。子供も覚えて一人で口ずさんでいてとても微笑ましいです。。息子はこの本が大好きで、1日に何度も読み聞かせをしてあげたら、言葉がたどたどしいのに、真似ができるようになりました。息子も気に入って自分でも読んでいます。何度読んでも子供たちに大ウケ!!!やわらかい優しい電車の絵と言葉のリズムがおもしろくて、読んでいる私自身も楽しいです♪。読んであげながらおもしろくて笑ってしまいました。ただ絵はとても子供には優しい絵なのですが!読んであげようと思っても!電車の走る音だったりがとても難しく書かれているので!読み聞かせにはチョット不向きな。大きなお子様向きというよりは電車の絵が描いていることに興味を持ち始めた小さいお子様のいるご家庭の方が向いているかも知れません。奥が深い本です。息子に購入しました。リズム感があっておもしろいです。他の方のレビューにも書かれているとおり!ひたすら電車の発する擬音を読み上げていくタイプの絵本です。2歳の息子が電車が好きで購入。擬音が多くてどう読むのかむずかしいところですが、読み手の気分で読んであげればいいんだと思います。走り始める音!すれ違う音!鉄橋を渡る音…などなど。普段はトーマスシリーズを買う事が多いのですが、この本もおススメです。絵本バージョン、電車でGO!といったかんじでしょうか?ストーリー性はないですが、電車好きの3歳までのこどもむけです。ほぼ最初から最後まで、「オノマトペ」といわれる擬音語です。ただ、読み聞かせは難しいですが。電車や踏切などの音を文章にしてあるだけですが!子供は喜んでいました。まさに電車は歌う!です♪とても綺麗な景色がたくさん描かれていてその中を電車が歌いながら進んでいきます。子どもと一緒にいろんな音を楽しみながら読める絵本なのでとても楽しいです★娘も息子も電車が大好きで!母親の私とはよく電車で移動します。擬音マスターな方(?)に特にオススメです。噛まずに読み聞かせできたら!心の中でガッツポーズだしましょう。電車の動いている音だけで進む本です。読む方も聞く方も!大いに楽しめる本です。初めは擬音ばかりで失敗したかな、と思いましたが、何度か読んでいるうちに1歳の子供がとても気に入ったようで何度も読むようにせがまれます。作者の三宮さんは視覚に障がいがあるようですが、研ぎ澄まされた耳のよさに感服します。電車の走っている様子がとってもよくわかります。